「アジア三面鏡」 第1弾作品のタイトルが『リフレクションズ』に決定!

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2016:リフレクションズ

日本を含むアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。第1弾は、「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」をテーマに、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアを舞台に両国間を行きかう人々の生きる姿を映します。また、時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すという意味を込め、シリーズ第1弾のタイトルを『アジア三面鏡2016:リフレクションズ(Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections)』に決定しました。

3名の監督は、他のアジアの国と何らかの形でつながりを持つ人々を登場させること、そして撮影はアジアの国のどこかで行うこと以外は、自由に各自のスタイルで、テーマに沿った作品を仕上げ、完成作を東京国際映画祭にてワールドプレミア上映、その後世界の主要映画祭で上映していきます。

ブリランテ・メンドーサ
©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

ブリランテ・メンドーサ監督『SHINIUMA (Dead Horse)』
日本を不法滞在で追われ、故郷フィリピンに数十年ぶりに帰ることとなる男の心の内に接近するストーリー。苦境に見舞われながらも逞しく誇り高く生きる自国の人々を巧みに描くメンドーサ監督が、北海道帯広、マニラを舞台にナショナリティを失ったことで伴う人生の喪失について描きます。主演は、フィリピンで最も尊敬される俳優のひとりで『ボーン・レガシー』(12)などハリウッド映画でも活躍するフィリピンの名優、ルー・ヴェローソ。

行定勲

©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

行定勲監督『鳩 Pigeon』
かつては日本軍が駐留し、現在多くの日本人高齢者が余生を過ごすため移住するマレーシアが舞台。日本から移住し、鳩舎のある屋敷で家族と離れて暮らす孤独な老人を中心に、息子との確執、そしてヘルパーの若いマレーシア人女性の心の交流を描き出します。また舞台となるペナン島で起きた太平洋戦争の遠い記憶が、余生を送る老人につながっていきます。主演は日本映画界の重鎮、津川雅彦。相手役はマレーシアの故ヤスミン・アフマド監督のミューズ、シャリファ・アマニ。老人の息子役として永瀬正敏が出演します。

ソト・クォーリーカー

©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

ソト・クォーリーカー監督『Beyond The Bridge』
日本とカンボジアを繋ぐ時代を超えたラブストーリー。初監督作『シアター・プノンペン』(14)に続き、2作目となる本作ではふたつの時代にカンボジアで出会った男女の恋愛模様を同国の内戦の歴史、そしてプノンペンに実在する日本友好支援の橋、《日本橋》を軸に描きます。主演は映画、テレビ、舞台など国内外数々の作品で活躍する加藤雅也。相手役はカンボジアより宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」への出演が記憶に新しいチュムヴァン・ソダチヴィー。

Main Cast and Details of Omnibus Film Production Asian Three-Fold Mirror 2016 Revealed

投稿日: カテゴリー Asian Three-fold Mirror 2016: Reflections

Asian Three-Fold Mirror
 
The Japan Foundation Asia Center and the Tokyo International Film Festival (TIFF) announced today the main cast for the omnibus film co-production project Asian Three-Fold Mirror, which was launched in 2014, as part of the collaboration between the Japan Foundation Asia Center and TIFF. The project aims to deepen interactions between neighboring countries within Asia, as well as enriching cultural understanding and providing chance for people to consider their identity and way of life as individuals in Asia.
 
As previously announced, three accomplished directors from Asia have been selected to contribute chapters to the first iteration of the Asian Three-Fold Mirror: Brillante Ma. Mendoza (Philippines), Isao Yukisada (Japan) and Sotho Kulikar (Cambodia).
 
Today it has been confirmed that acclaimed Filipino actor Lou Veloso will be starring in Mendoza’s episode, and one of the most famous Japanese actors, Masahiko Tsugawa, will be starring in Yukisada’s chapter, along with Japanese actor Masatoshi Nagase and Malaysian actress Sharifah Amani. Japanese actor Masaya Kato and Cambodian actress Chumvan Sodhachivy will be appearing in the episode by Kulikar. The protagonist of each chapter is an Asian living in a different Asian country, allowing the directors to express their own unique visions and film on location in Asia and to create one omnibus film. The directors will be shooting in Japan, the Philippines, Cambodia and Malaysia from February to April 2016, followed by post-production at the highly regarded laboratory in Asia, Imagica South East Asia (http://www.imagicasea.com), in Malaysia in summer 2016.
 
The omnibus film will have its world premiere at the 29th edition of the Tokyo International Film Festival, to be held from October 25 to November 3, 2016, and will then be shown on the international film festival circuit.
 
To talk about Asian Three-Fold Mirror please use the hashtag: #asian3mirror
 


 
Episode directed by Brillante Ma. Mendoza (Philippines)
Internationally acclaimed Filipino director Mendoza has been known for deftly portraying Filipino stories of ordinary men bravely and proudly overcoming extraordinary situations. This time around he plans to grapple with the issue of “loss of one’s national identity” through an intimate portrayal of an illegal Filipino immigrant in Japan who returns to his homeland for the first time in decades after being deported.
 
Asian Three-Fold MirrorLou Veloso (Philippines | actor)
Lou Veloso is a Filipino actor, comedian, director and politician. In 2009 Veloso appeared in Colorum (screened at TIFF 2011), which earned him numerous award nominations and wins for five Best Actor awards, including at FAMAS (The Filipino Academy of Movie Arts and Sciences Awards) and the Brussels International Independent Film Festival. Veloso also established a community theater in Santa Ana, Manila where he teaches acting. In 2010, Veloso received the Lou Salvador Sr. Memorial Award from FAMAS for his great career and astounding comedic prowess on screen. More recently he appeared in the Hollywood film The Bourne Legacy (2012). Veloso has worked with director Brillante Ma Mendoza in Kinatay (2009) and Trap (screened at TIFF 2015). (2015).
Comment:
I am proud to be part of the Asian Three-Fold Mirror Project, and am especially happy to come to Japan, which is my favorite country. The landscapes of Japan have beauty and discipline.
 


 
Episode directed by Isao Yukisada (Japan)
Painting on a variety of canvases, from coming-of-age dramas to mature love stories, Yukisada has depicted diverse characters and their interrelations. This time around he sets the story in Malaysia, the land that was once invaded by the Japanese army but is now home to many Japanese retirees living out their remaining years. The story will revolve around a man who has relocated from Japan and his relationship with a young Malaysian woman who has come to take care of him.
 
Asian Three-Fold MirrorMasahiko Tsugawa (Japan | actor)
Masahiko Tsugawa made his debut in 1956, starring in the Nikkatsu youth classic Crazed Fruit, directed by Ko Nakahira. The thespian is known for his wide range, portraying both leading men and villains, appearing in such works as Kichitaro Negishi’s Hitohira no Yuki (1985), Juzo Itami’s A Taxing Woman (1987), Kaneto Shindo’s The Strange Tale of Oyuki (1992), Kinji Fukasaku’s Crest of Betrayal (1994), Shunya Ito’s Pride (1998), Momoko Ando’s 0.5 mm (2014), Izuru Narushima’s Solomon’s Perjury 2 (2015), Yasuo Tsuruhashi’s Gosaigyô no Onna (2016) and Yoshinari Nishikôri’s Tatara Samurai (to be released in 2017). He has also directed many films under the name of Masahiko Makino, including A Hardest Night!! (2006), Samurai Gangsters (2008) and Asahiyama Zoo Story: Penguins in the Sky (2009).
Comment:
It’s a wonderful script. I think it depicts a wonderful contrast between the way of the `pigeon’ and the way of the old man. In the end, the old man entrusts the pigeon with everything. Whether the pigeon will meet the old man’s expectations is for everyone to see.
 
Asian Three-Fold MirrorMasatoshi Nagase (Japan | actor)
Masatoshi Nagase debuted in Shinji Sōmai’s P.P.Rider (1983), and attracted worldwide attention for his role in Jim Jarmusch’s Mystery Train (1989). He has received many awards, including major Japan Academy Prizes, among others, for his roles in Yôji Yamada’s Musuko (1991), Gakko II (1996) and The Hidden Blade (2004), and Takao Okawara’s Yûkai (1997). He has performed in over 90 films. The “Shiritsu Tantei Hama Mike” series was popular both in film and on TV. More recently he was nominated for the Golden Horse Award Best Male Actor for the first time as a non-Chinese speaking actor for his role in Kano (2014, Ma Chih Hsiang). He also starred in Naomi Kawase’s Sweet Bean (2015),an official selection in the Cannes Film Festival, Shô Igarashi’s The Cross (2016), Gakuryû Ishii’s Bitter Honey (2016), Takahisa Zeze’s 64: Part 1 and 2 (2016), and Yasuo Tsuruhashi’s Gosaigyô no Onna (2016). Jim Jarmusch’s Paterson and SABU’s Happiness are yet to be released. He has also shown a number of photos as a photographer.
 
Asian Three-Fold MirrorSharifah Amani (Malaysia | actress)
Sharifah Amani is an award-winning Malaysian actress, director and writer who is best known as the muse of the late, great Malaysian director Yasmin Ahmad, in Sepet (TIFF 2005), Gubra (TIFF 2006), Mukhsin (TIFF 2006) and Muallaf (TIFF 2008). She was an assistant director for Ahmad’s last feature film Talentime (TIFF 2009). She has also directed Sangkar, Kampung Bangsar and Eve (all of these are shorts). Amani’s roles also include Psycho Pencuri Hati (Dir:Nam Ron), Nova/Terbaik Dari Langit (TIFF 2014) and Pekak(2016). Amani has also starred in a Japanese film, Redemption Night (2013), directed by Takato Hosoi.
Comment:
To be part of this short film is such an honor for me. I love Japan and its rich culture. I have been blessed to be able to visit, work and learn from some wonderful people there. The Japanese people have embraced Yasmin Ahmad films with much love and appreciation. For that I am eternally grateful. It was a pleasure to be part of Redemption Night and I can’t wait to be part of Isao Yukisada’s Pigeon. May our two countries continue to work together in the future.
 


 
Episode directed by Sotho Kulikar (Cambodia)
Sotho Kulikar’s directorial debut The Last Reel was a glimpse into the history of Cambodian cinema, which was almost entirely eradicated by the Khmer Rouge, but a film that still managed to end on a hopeful note. This work will be her second film. Set in two periods, the film threads a love story that begins in Cambodia against the backdrop of the nation’s civil war with the Cambodia-Japan Friendship Bridge.
 
Asian Three-Fold MirrorMasaya Kato (Japan | actor)
Masaya Kato started his career as a model for fashion magazine Men’s Non-No and the Paris Collection before he turned to acting. He has appeared in numerous television programs, theater productions, and Japanese and international films including Christophe Gans’ Crying Freeman (1996), Takeshi Kitano’s Brother (2001), Gordon Chan’s Okinawa Rendez-vous (2001), Takashi Miike’s Agitator (2002), Yang Yun-ho’s Fighter in the Wind (2004), and Tung-Shing Yee’s Shinjuku Incident (2009). In addition to Takashi Miike’s Terra Formars and Yukihiko Tsutsumi’s Sanada 10 Braves, Kato also has four more films to be released in 2016. He is star of Bô no Kanashimi (Hidehiro Ito) due to be released in November, 2016.
Comment:
I am very happy to have the opportunity to team up with a Cambodian filmmaker for the first time. I hope to bring a certain pathos and sadness to Sotho Kulikar’s film as she brings her unique vision to a story about two lovers of different countries and tongues. Much like Fukuda, the protagonist in the film, I shall strive to build a bridge of friendship between the filmmaking communities of Japan, Cambodia, and Asia through this endeavor. I am already looking forward to working on set with our Cambodian crew.
 
Asian Three-Fold MirrorChumvan Sodhachivy (Cambodia | actress)
Chumvan Sodhachivy is proficient in Cambodian folk dance and shadow puppetry, and began training in Cambodian classical dance in 1994, focusing mainly on the male role in the all-female classical court form. In 2006 Sodhachivy was accepted into Robert Wilson’s Watermill Center International Summer Arts Program, where she studied contemporary dance. Since then, she has participated in numerous contemporary dance workshops around the world. She has been a featured dancer in many works by Emmanuèle Phuon, Peter Chan and Alco Lents and toured internationally. Sodhachivy has also choreographed many dances. More recently she was a featured dancer in Stravinsky’s “Persephone,” directed by Peter Sellars at the Teatro Real in Madrid and Amon Miyamoto’s “The Terrace of the Leper King”, based on the work by Yukio Mishima.
 
 
Directors of Asian Three-Fold Mirror 2016
Brillante Ma. Mendoza (Philippines)
Brillante Ma. Mendoza, who founded the independent film production company Center Stage Productions, won the Golden Leopard Award at the 2005 Locarno International Film Festival for his debut film Masahista (The Masseur). He won the Caligari Film Award at the 2008 Berlin International Film Festival for Tirador (Slingshot) and the La Navicella Venezia Cinema Award at the 2012 Venice Film Festival with Thy Womb. He also won the Best Director Award at the 2009 Cannes Film Festival for Kinatay. His latest film, Taklub (Trap) was selected for the Un Certain Regard section of the 2015 Cannes Film Festival.
 
Isao Yukisada (Japan)
Isao Yukisada made his feature film debut with Sunflower (2000), which won the FIPRESCI Award at the 5th Busan International Film Festival. He also won numerous awards for Go (2001), including the Japan Academy Prize. He has cemented his status as a hit filmmaker with the box-office hits Crying Out Love, in the Center of the World (2004), Year One in the North (2005), Closed Note (2007), Parade (which won the FIPRESCI Award at the 60th Berlin International Film Festival in 2010), and other films. He made Camellia (2011) in collaboration with directors from Thailand and South Korea. His latest film, Pink and Gray, was released in January 2016 and became a big hit.
 
Sotho Kulikar (Cambodia)
Sotho Kulikar grew up during the Khmer Rouge regime and the long-running civil war. She worked as line producer for a variety of films, including Lara Croft: Tomb Raider (2001). Through her production company Hanuman Films, she has produced many films and documentaries, including Ruin (which won the Special Orizzonti Jury Prize at the 2013 Venice Film Festival). She made her directorial debut with The Last Reel, which won the Spirit of Asia Award from the Japan Foundation Asia Center at the 27th Tokyo International Film Festival in 2014, and the Black Dragon Award at the 2015 Far East Film Festival.
 
 
Omnibus Film Production: Asian Three-Fold Mirror
The Asian Three-Fold Mirror is a collaborative film series between the Japan Foundation Asia Center and the Tokyo International Film Festival, bringing together three accomplished directors from Asian countries, including Japan. Just like a three-fold mirror, the omnibus films will reflect society and culture in today’s Asia from three different angles, highlighting each director’s unique vision.
 

「アジア三面鏡」第1弾 国際色豊かな主要キャスト決定!!

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2016:リフレクションズ

アジア三面鏡

日本を含むアジアの監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作する東京国際映画祭初の映画製作プロジェクト「国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭 co-produce アジア・オムニバス映画製作シリーズ『アジア三面鏡』」。
行定勲監督(日本)、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、ソト・クォーリーカー監督(カンボジア)による作品の詳細と主要キャストが決定しました。「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」を共通のテーマに、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアを舞台に両国間を行きかう人々の生きる姿を映し出します。

ブリランテ・メンドーサ監督による作品は、日本を不法滞在で追われ、故郷フィリピンに数十年ぶりに帰ることとなる男の心の内に接近するストーリー。苦境に見舞われながらも逞しく誇り高く生きる自国の人々を巧みに描くメンドーサ監督が、北海道帯広、マニラを舞台にナショナリティーを失ったことで伴う人生の喪失について描きます。主演は、フィリピンで最も尊敬される俳優の一人で『ボーン・レガシー』(12年)などハリウッド映画でも活躍するフィリピンの名優、ルー・ヴェローソ。

行定勲監督による作品は、かつては日本軍が駐留し、現在多くの日本人高齢者が余生を過ごすため移住するマレーシアが舞台。日本から移住し、鳩舎のある屋敷で家族と離れて暮らす老人と、ヘルパーの若いマレーシア人女性の心の交流を描きます。主演は日本映画界の重鎮、津川雅彦。相手役はマレーシアの故ヤスミン・アフマド監督のミューズ、シャリファ・アマニ。老人の息子役として永瀬正敏が出演します。

ソト・クォリーカー監督による作品は日本とカンボジアを繋ぐ時代を超えたラブストーリー。初監督作『シアター・プノンペン』(7月2日公開)でクメール・ルージュにより失われた自国の映画史を題材に、未来への望を描いたクォリーカー監督。2作目となる本作では二つの時代にカンボジアで出会った男女の恋愛模様を同国の内戦の歴史、そしてプノンペンに実在する日本友好支援の橋、《日本橋》を軸に描きます。主演は映画、テレビ、舞台など国内外数々の作品で活躍する加藤雅也。相手役はカンボジアより現在宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」に出演中のチュムヴァン・ソダチヴィー。

本作品は2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)まで開催予定の第29回東京国際映画祭にてワールドプレミア上映したのち、世界各国の主要映画祭等での上映を目指します。

『アジア三面鏡』をつぶやく際は、ハッシュタグ #asian3mirror を是非ご利用ください!

出演者プロフィール・コメント ※作品順・敬称略

アジア三面鏡ルー・ヴェローソ
【プロフィール】1949年生まれ。コメディアン、俳優、監督、政治家として幅広く活躍。2009年に『白タク』(TIFF2011上映)に出演しフィリピンで数々の賞にノミネートされ、FAMAS (The Filipino Academy of Movie Arts and Sciences Awards)、シネマラヤ・フィリピン・インディペンデント映画祭、ブリュッセル・インディペンデント映画祭含め5つの主演男優賞を受賞している。またマニラのサンタアナでコミュニティ劇団を設立し演技指導をしている。2010年に卓越したコメディの才能とキャリアへの功労としてフィリピン映画芸術及び科学アカデミーのLou Salvador Sr. Memorial Awardを受賞。近年ではハリウッド映画『ボーン・レガシー』(12年)に出演。メンドーサ監督作品では『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』(09年)、『罠(わな)~被災地に生きる』(TIFF2015上映)に出演している。

コメント:『アジア三面鏡』に参加できることを光栄に思います。また美しく荘厳な景色が見られ、一番お気に入りの国でもある日本に行けることを大変嬉しく思います。以前に福岡を訪れたことがありますので今回は二度目の訪日になります。

アジア三面鏡津川雅彦
【プロフィール】1940年1月2日生まれ。1956年に日活映画『狂った果実』(中平康監督)で、本格的な俳優デビュー。主な出演作に『ひとひらの雪』(85年/根岸吉太郎監督)、『マルサの女』(87年/伊丹十三監督)、『墨東綺譚』(92年/新藤兼人監督)、『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(94年/深作欣二監督)、『プライド・運命の瞬間』(98年/伊藤俊也監督)、『0.5ミリ』(14年/安藤モモコ監督)、『ソロモンの偽証 後篇』(15年/成島出監督)、『後妻業の女』(16年/鶴橋康夫監督)、『たたら侍』(17年公開予定/錦織良成監督)など、二枚目から悪役まで、幅広い役柄をこなす演技派俳優として活躍。また、マキノ雅彦名義での監督作品に、『寝ずの番』(06年)、『次郎長三国志』(08年)、『旭山動物園物語』(09年)がある。

コメント:素敵な脚本です。鳩の命と老人の命。鳩の生き方と老人の生き方。見事に対比されています。最後に老人は全てを鳩に託します。果たして鳩は老人の期待に応えてくれるのでしょうか?

アジア三面鏡シャリファ・アマニ
【プロフィール】マレーシア出身。女優、監督、脚本家、著述家として活躍しており、複数の賞に輝く。主に名監督の故ヤスミン・アフマドとのコラボレーションで知られており、同監督による『細い目』(TIFF2005上映)、『グブラ』(TIFF2006上映)、『ムクシン』(TIFF2006上映)、『ムアラフ―改心』(TIFF2008上映)の4作品への出演で本格女優としての地位を確立。監督の遺作『タレンタイム』(TIFF2009上映)では助監督を務めており、自身でも『サンカル』、『カンポン・バンサー』、『イヴ』(いずれも短編)を監督。その他の出演作には、『Psycho Pencuri Hati』(ナムロン監督)、『ノヴァ~UFOを探して』(TIFF2014上映)、『Pekak』(2016)がある。細井尊人監督『クアラルンプールの夜明け』では日本映画への出演も果たしている。

コメント:本作に出演させていただき大変光栄に思います。私は日本とその豊かな文化が大好きです。過去にも日本を訪れ、素晴らしい方々と仕事をし、多くを学ばせてもらった経験があります。ヤスミン・アフマド監督の作品が日本で大変温かく受け入れられたことには感謝の気持ちでいっぱいです。日本映画では『クアラルンプールの夜明け』に出演させてもらえましたが、楽しい思い出となりました。今回は行定監督の作品に出演できることを楽しみにしております。今後も末永く両国が手を取り合い取り組んでいけることを願います。

アジア三面鏡永瀬正敏
【プロフィール】1966年7月15日生まれ。映画『ションベン・ライダー』(83年/相米慎二監督)でデビュー。89年、ジム・ジャームッシュ監督作『ミステリー・トレイン』で世界的に注目を集める。『息子』(91年/山田洋次監督)、『学校Ⅱ』(96年/山田洋次監督)、『誘拐』(97年/大河原孝夫監督)、『隠し剣 鬼の爪』(04年/山田洋次監督)で日本アカデミー賞での主要賞他数々の映画賞を受賞。これまでの出演作は90本にのぼる。『私立探偵 濱マイク』シリーズは映画テレビ共人気を集めた。近作では、金馬賞・主演男優賞で、中華圏以外での俳優としては初ノミネートになった『KANO~1931海の向こうの甲子園』(14年/馬志翔監督)。カンヌ国際映画祭正式出品作品『あん』(15年/河瀬直美監督)、『十字架』(16年/五十嵐匠監督)、『蜜のあわれ』(16年/石井岳龍監督)、『64-ロクヨン-前編・後編』(16年/瀬々敬久監督)、『後妻業の女』(16年/鶴橋康夫監督)などに出演。今後公開作に『パターソン』(ジム・ジャームッシュ監督)、『ハピネス』(SABU監督)他。また写真家として多くの作品を発表している。

アジア三面鏡加藤雅也
【プロフィール】1963年4月27日生まれ。ファッション誌“メンズノンノ”のモデル、パリコレのモデルなどの活動後、俳優に転身。『クライングフリーマン』(96年/クリストフ・ガンズ監督)、『BROTHER』(01年/北野武監督)、『恋戦沖縄』(01年/ゴードン・チャン監督)、『荒ぶる魂たち』(02年/三池崇史監督)、『風のファイター』(04年/ヤン・ユノ監督)、『新宿インシデント』(09年/イー・トンシン監督)などの国内外の映画やテレビ、舞台で活躍。2016年は『テラフォーマーズ』(三池崇史監督)、『真田十勇士』(堤幸彦監督)の他4本の映画が公開になり、11月には主演映画『棒の哀しみ』(伊藤英裕監督)が公開予定。

コメント: また新しい国の映画人とお仕事ができる機会に恵まれ嬉しい限りです。監督ソト・クォリーカーさんの女性の視点で、文化も言葉も違う環境で生まれ育った男女の愛を切なく、悲しく演じられればと思います。主人公のように、この映画を通じて日本とカンボジアそしてアジアの国々の映画界との間に友好橋を築ければと思っています。

アジア三面鏡チュムヴァン・ソダチヴィー
【プロフィール】民俗舞踊、影絵舞踊に堪能であり、それ以外にも1994年より女性のみによるカンボジア古典舞踊の男性役の訓練を始めた。2006年にロバート・ウィルソンにより設立されたThe Watermill Centerのインターナショナル・サマー・プログラムにてコンテンポラリーダンスを学んだ。以来、世界中のコンテンポラリーダンスのワークショップに参加しており、Emmanuèle Phuon、ピーター・チャン、アルコ・レンズなどの作品に主要ダンサーとして出演、各地をツアーしている。また自らも振り付けを手がけている。最近ではマドリードのテアトロ・レアルで上演されたピーター・セラーズ演出によるストラヴィンスキーの「ペルセフォネ」、三島由紀夫原作・宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」に主要ダンサーとして出演。

コメント:この度は日・カンボジア合作「Beyond the Bridge」に出演させていただけることを大変嬉しく、光栄に思います。今日につながるクメールの歴史を紐解く物語に出演させていただけるのは、カンボジアの古典舞踊にもコンテンポラリーダンスにも従事する者として縁を感じます。本作ではカンボジアの素晴らしさと芸術の重要性を知る、強い、まさにクメールの女性というカンボジア女性を演じます。