「アジア三面鏡」 第1弾作品のタイトルが『リフレクションズ』に決定!

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2016:リフレクションズ

日本を含むアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。第1弾は、「アジアで共に生きる(Live together in Asia)」をテーマに、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアを舞台に両国間を行きかう人々の生きる姿を映します。また、時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すという意味を込め、シリーズ第1弾のタイトルを『アジア三面鏡2016:リフレクションズ(Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections)』に決定しました。

3名の監督は、他のアジアの国と何らかの形でつながりを持つ人々を登場させること、そして撮影はアジアの国のどこかで行うこと以外は、自由に各自のスタイルで、テーマに沿った作品を仕上げ、完成作を東京国際映画祭にてワールドプレミア上映、その後世界の主要映画祭で上映していきます。

ブリランテ・メンドーサ
©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

ブリランテ・メンドーサ監督『SHINIUMA (Dead Horse)』
日本を不法滞在で追われ、故郷フィリピンに数十年ぶりに帰ることとなる男の心の内に接近するストーリー。苦境に見舞われながらも逞しく誇り高く生きる自国の人々を巧みに描くメンドーサ監督が、北海道帯広、マニラを舞台にナショナリティを失ったことで伴う人生の喪失について描きます。主演は、フィリピンで最も尊敬される俳優のひとりで『ボーン・レガシー』(12)などハリウッド映画でも活躍するフィリピンの名優、ルー・ヴェローソ。

行定勲

©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

行定勲監督『鳩 Pigeon』
かつては日本軍が駐留し、現在多くの日本人高齢者が余生を過ごすため移住するマレーシアが舞台。日本から移住し、鳩舎のある屋敷で家族と離れて暮らす孤独な老人を中心に、息子との確執、そしてヘルパーの若いマレーシア人女性の心の交流を描き出します。また舞台となるペナン島で起きた太平洋戦争の遠い記憶が、余生を送る老人につながっていきます。主演は日本映画界の重鎮、津川雅彦。相手役はマレーシアの故ヤスミン・アフマド監督のミューズ、シャリファ・アマニ。老人の息子役として永瀬正敏が出演します。

ソト・クォーリーカー

©2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.

ソト・クォーリーカー監督『Beyond The Bridge』
日本とカンボジアを繋ぐ時代を超えたラブストーリー。初監督作『シアター・プノンペン』(14)に続き、2作目となる本作ではふたつの時代にカンボジアで出会った男女の恋愛模様を同国の内戦の歴史、そしてプノンペンに実在する日本友好支援の橋、《日本橋》を軸に描きます。主演は映画、テレビ、舞台など国内外数々の作品で活躍する加藤雅也。相手役はカンボジアより宮本亜門演出の舞台「ライ王のテラス」への出演が記憶に新しいチュムヴァン・ソダチヴィー。