【上映情報】『アジア三面鏡2018:Journey』、第13回ジョグジャ・ネットパック・アジア映画祭にてインターナショナルプレミア上映決定!

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2018:Journey, ニュース

第31回東京国際映画祭にてワールドプレミア上映を迎えた『アジア三面鏡2018:Journey』が、11月27日(火)~12月4日(火)、インドネシア・ジョグジャカルタで開催される第13回ジョグジャ・ネットパック・アジア映画祭(Jogja-NETPAC Asian Film Festival(JAFF))にて、インターナショナルプレミア上映されることが決定いたしました。

ジョグジャ・ネットパック・アジア映画祭は、アジアにおける新しい才能の発掘にフォーカスしたインドネシア最大級の映画祭で、今年で13回目を迎える。同映画祭は開催当初より、30か国のパンアジア会員によるアジア映画ネットワークNETPAC (The Network for the Promotion of Asian Cinema) と密な連携を取っており、入選作品の中から毎年NETPAC賞が選出されています。

このたび、ジョグジャ・ネットパック・アジア映画祭でのインターナショナルプレミア上映を記念して、12月3日(月)上映終了後に松永大司監督、エドウィン監督、マー・サイ撮影監督にご登壇いただき、シンポジウムを開催します。

日時: 2018年12月3日(月)
(上映)13:30~15:30
(シンポジウム)16:00~17:00  *現地時間
会場: EMPIRE XXI YOGYAKARTA(インドネシア・ジョグジャカルタ)
登壇者: 松永大司監督(日本)、エドウィン監督(インドネシア)、マー・サイ撮影監督(中国)
公式サイト: https://jaff-filmfest.org/