“Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections” available for free online streaming; Brillante Ma Mendoza to participate in the International Conference on the Future of Asia

投稿日: カテゴリー Asian Three-fold Mirror 2016: Reflections, NEWS

Brillante Ma Mendoza, the director of SHINIUMA Dead Horse from the omnibus film series Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections, will speak at the 26th International Conference on the Future of Asia organized by Nikkei Inc. (Special Sponsor: The Japan Foundation). He will participate in a session titled “Reconnecting the region through cultural exchange.”

On this occasion, Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections will be available for free online streaming from Thursday, May 13 to Sunday, May 23, 2021.

The first of the omnibus film series, Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections was co-produced by the Japan Foundation Asia Center and Tokyo International Film Festival. Under the theme of “Living Together in Asia,” crew and cast joined forces across national borders to reflect on the lives of characters who journey between Japan and Cambodia, the Philippines, and Malaysia.

Mr. Mendoza is currently directing Gensan Punch, a Japan-Philippines co-production film (recipient of the Japan Foundation Asia Center Grant for Enhancing People-to-People Exchange; scheduled to be released in 2021).

SHINIUMA Dead Horse, filmed in 2016 on his first-ever shooting in Japan, is shot in his characteristic style, brimming with life and spontaneity. Together with the two other films in the series – Pigeon set in Penang, Malaysia and directed by YUKISADA Isao, and Beyond the Bridge, a love story connecting Cambodia and Japan directed by Sotho Kulikar – we hope you will enjoy the screening.

[Streaming period] The film will be available to stream on the Japan Foundation Asia Center webpage from Thursday, May 13 to Sunday, May 23, 2021 (Japan Standard Time)
for more information

オムニバス映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』が2021年5月13日~23日に無料配信!

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2016:リフレクションズ, ニュース, プロジェクト

オムニバス映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』の一篇『SHINIUMA Dead Horse』を手掛けたブリランテ・メンドーサ監督が、国際交流基金が特別協賛する日本経済新聞主催第26回国際交流会議「アジアの未来」(5月20、21日開催)の「コロナ時代の文化交流」セッションに登壇されます。

その機会に合わせて『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』を、2021年5月13日(木)~5月23日(日)に無料配信いたします!

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同製作によるオムニバス映画シリーズ「アジア三面鏡」第1弾である本作品は、「アジアで共に生きる」というテーマのもと、様々な国のスタッフ・キャストが力を合わせ、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアの各国間を行きかう人々の生きる姿を映し出しています。

現在、日本・フィリピン合作映画『義足のボクサー(仮題)』(2021年公開予定。国際交流基金アジアセンター「アジア・市民交流助成」にて採択)を製作中のメンドーサ監督が2016年に初の日本ロケに挑み、即興性と躍動感に満ちた特有のタッチで描く本作。行定勲監督がマレーシア・ペナン島を舞台に描いた『鳩 Pigeon』と、ソト・クォーリーカー監督によるカンボジアと日本をつなぐラブストーリー『Beyond The Bridge』と共に、是非お楽しみください。

配信は下記の国際交流基金アジアセンターのホームページにて行われます。
⇒配信・詳細はコチラ

この機会をお見逃しなく!!

オムニバス映画『アジア三面鏡2018:Journey』を期間限定無料配信

投稿日: カテゴリー アジア三面鏡2018:Journey, ニュース

世界中が新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組む中、国境を越えた移動が制限されています。私たち国際交流基金は、人と人との絆の美しさを映像の形で皆様にお届することが引き続き重要と考え、前回の『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』に続き、“旅”をテーマに様々な国のスタッフが力を合わせて制作した、アジア・オムニバス映画製作シリーズ第2弾『アジア三面鏡2018:Journey』を2020年11月30日まで期間限定で無料配信いたします。

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同製作による本作品は、“旅”をテーマに若手監督がそれぞれの個性を活かし、感性豊かな作品に仕上げました。様々な国のスタッフ、キャストが力を合わせた本作では、中国、ミャンマー、日本での旅を通じて、普遍的な親子や夫婦の関係、自分自身が信じてきたものに対する気づきや変化を描き出しています。また全作品共通キャストとして、インドネシアの国民的俳優ニコラス・サプットゥラが出演しています。

『アジア三面鏡2018:Journey』
『海』監督:デグナー/キャスト:チェン・ジン、ゴン・チェ
『碧朱』監督:松永大司 /キャスト:長谷川博己、ナンダーミャッアウン
『第三の変数』 監督:エドウィン/キャスト:アグニ・プラティスタ、オカ・アンタラ
「3篇共通キャスト」ケンジ役:ニコラス・サプットゥラ

日本/2018年/カラー/83 min/日本語・英語字幕
製作:国際交流基金アジアセンター/ユニジャパン(東京国際映画祭)

※本作品は、PG12のレイティングとなっています。12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、親又は保護者の助言や指導が必要とされています。
※本動画について一切の無断複製・無断転載を禁止いたします。