top

アジア三面鏡2016:リフレクションズ

アジア三面鏡2016:リフレクションズ

Introduction

アジア・オムニバス映画製作シリーズ第1弾 『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』

世界的に活躍しているアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。それぞれの時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すシリーズ第1弾『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』は、「アジアで共に生きる」というテーマのもと、様々な国のスタッフ・キャストが結集し、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアの各国間を行きかう人々の生きる姿を映し出しています。映画でアジアの人々がひとつになる、新しい一歩となる作品が誕生しました。

アジア地図
写真

Story&Cast

『SHINIUMA Dead Horse』ブリランテ・メンドーサ 監督

あらすじ

真冬の北海道、帯広のばんえい競馬。レースで当てたフィリピン人のマニーは札束を握ってご機嫌で帰路につくが、彼が馬の世話をしている牧場に入国管理局の担当官がやってくる。不法滞在者のマニーは捕まり、本国に強制送還となる。マニラまでは飛行機、空港から長距離バス、ジープニー、バイクタクシーを乗り継いで故郷の村へ。だが、もう家族はおらず、泊まるところもない。結局、マニーはサンタ・アナ競馬場の厩舎に潜り込むが…。

詳しくは

『鳩 Pigeon』行定勲 監督 (日本)

あらすじ

マレーシア・ペナン島。田中道三郎は二階建ての大きな家でヘルパーたちに付き添われて暮らし、屋上の鳩舎で鳩を飼っている。息子の雅夫は月に一回、日本からやってくるが、冷淡にもすぐ帰ってしまう。ある日、新しいヘルパーのヤスミンが雇われ、道三郎の世話をすることになる。さまざまなトラブルの末に二人は心を通わせていく。道三郎はヤスミンとその恋人アリフの手を借りて、兄たちが戦死した海辺へ行き、鳩を大空に放とうとする…。

詳しくは

『Beyond The Bridge』ソト・クォーリーカー 監督 (カンボジア)

あらすじ

1992 年の着工から2年、破壊されていたプノンペンの「日本橋」が新たに完成した。橋の修復に携わった日本企業の社長・福田は、かつてカンボジアで過ごした日々を回想していた──。橋の建設のためカンボジアに来た福田は美しいミリアと恋に落ち、結婚して日本で暮らす約束を交わす。しかし、やがてクメール・ルージュが台頭し、危険を感じた父親が福田を帰国の途につかせたのだった──。あれから20年。ミリアは生きているのだろうか。そうした思いを胸に、福田は橋にたたずむ。

詳しくは

Directors

ブリランテ・メンドーサ 監督 (フィリピン)

1960年、フィリピン出身。2005年インディペンデント映画プロダクション「センター・ステージ・プロダクションズ」を設立。同年の監督デビュー作 『マニラ・デイドリーム』でロカルノ国際映画祭ビデオ部門金豹賞を受賞。2007年『どん底』でベルリン国際映画祭カリガリ賞を受賞。2009年『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。2012年『汝が子宮』(TIFF2015上映)でヴェネチア国際映画祭the La Navicella Venezia Cinema Awardを受賞。2015年『罠(わな)~被災地に生きる』(TIFF2015上映)が第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品されたのに続き、2016年の第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門では最新作『Ma’ Rosa』(原題)が女優賞(ジャクリン・ホセ)を受賞した。

メッセージ

行定勲 監督 (日本)

1968年8月3日生まれ。熊本県出身。『ひまわり』(00年)で第5回釜山国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。『GO』(01年)では第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞を始め、数々の映画賞を受賞。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04年)は観客動員620万人、興行収入85億円の大ヒットを記録。以降、『北の零年』(05年)、『パレード』(2010、第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門・国際批評家連盟賞受賞)。釜山国際映画祭のプロジェクトで製作されたオムニバス映画『カメリア』(11年)の中の一作『Kamome』、『円卓』(14年)、『ピンクとグレー』(16年)他、近年は「趣味の部屋」(13、15年)、「タンゴ・冬の終わりに」(15年)等の舞台演出も手掛ける。映画公開待機作には、日活ロマンポルノ『ジムノペディに乱れる』(16年)、『ナラタージュ』(17年)等がある。

メッセージ

ソト・クォーリーカー 監督 (カンボジア)

1973年、カンボジア出身。クメール・ルージュ政権下、混乱と内戦の時代に育つ。2000年、『トゥームレイダー』のライン・プロデューサーを務める。自身の製作会社ハヌマン・フィルムズで『Ruin』(2013年、第70回ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞)など数多くの映画とドキュメンタリーをプロデュース。 2014年、初監督作『遺されたフィルム』で、第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞。『シアター・プノンペン』のタイトルで2016年7月に公開。各国の映画祭から注目を集める、カンボジア映画界期待の女性監督である。

メッセージ
監督メッセージ

最新の統計によれば、フィリピンでは約2,447,000人が海外に渡って就労しており、2015年にはその海外就労者から1,800億ペソの送金が行われるなど、それはフィリピン経済においても重要な財源と言えます。本作品では、家族に良い生活を送らせようと、仕方なく海外で働くことを選んだ人々が、家族との強い絆を軽視せざるを得ないフィリピン社会の現状を問いかけたかった。そして、主人公マーシャルのように、違法だと知りながら、その行為に及び、最後には人生を無駄にしてしまうことも…。そんな悲しい現状を伝えたいと思っています。
─ ブリランテ・メンドーサ

監督メッセージ

私の祖父は死ぬ間際に「マレーシアに行きたい」と言っていました。理由は、祖父の2人の兄が太平洋戦争中にマレー海戦で亡くな っており、兄たちに会いに行きたいという想いがあったからだと思います。そんな祖父の願いを叶えるように、 マレーシアを舞台に選びました。ロケハンでペナンの日本人墓地を見たとき、美しく平和なペナンの街もかつては日本が三年八か月、侵略していた場所だったことを強く感じました。当たり前だが、戦争とは非常に愚かなことでお互いが傷ついている。終戦から70年以上経つ今、僕らは分かりあえなきゃいけないと思う。そして、戦争の悲しい歴史を忘れないことを胸に、マレーシアに移住した日本人の老人とマレーシアで生きる女の邂逅を描きました。
─ 行定勲

監督メッセージ

「日本橋」と呼ばれて親しまれているチュルイチョンバー橋は、1970年代前半、内戦中に2度爆破され、街や人々の往来は分断されてしまいました。壊れた橋の姿を見て、幼い頃の私は再びつながることを祈っていました。1992年になって日本政府の支援を受けてこの橋が再建されることが発表されました。翌1993年、内戦と大虐殺後、初めての民主選挙が国連の監視下で実施されると、その翌年の1994年に、国連による大規模なインフラプロジェクトの一環で20年ぶりに日本橋が開通しました。そしてその後、橋がつなぐ街は大都市へと発展していきました。本作では、様々な事柄をつなぐメタファーである「橋」を舞台に、異なる文化や異なる国、人と人、そして過去と現在をつなぐドラマを描きたいと思いました。
─ ソト・クォーリーカー

The Japan Foundation東京国際映画祭